記事一覧

小さいのに威力抜群!夏コーデに鮮度が宿る「カラー小物」活用術【海外スナップ】

解放感のある夏になると、陽気な気分を上げてくれるようなカラーアイテムを取り入れたくなります。トップスやワンピースなどで大胆に取り入れるのももちろん素敵ですが、いつもの装いにさらっと足せる「カラー小物」が使い回しやすくおすすめです。本記事では、カラー小物を使って夏の着こなしをアップデートしていた、マンディ・ボーク、リサ・エイケン、サラ・エレンのスナップをお届けします。

例えばTシャツとデニムパンツのシンプルカジュアルな装いに「カラー小物」を投入するだけでも、着こなしの好アクセントになり鮮度を宿すことができます。そんな頼もしいカラーアイテムを使った、お洒落賢者たちの夏コーディネートをご紹介します。

■1:マンディ・ボークは…ハンサム配色コーデには深みのあるカラーバッグがお似合い

图片描述

ドイツ出身のモデル、マンディ・ボークは、グレイッシュなカーキと黒というハンサム配色の装いに馴染むよう、ダークグリーンのバッグを活用していました。

カジュアルながらもほんのりエッジの効いた表情のタックインスリーブTシャツに、ハーフ丈のカットオフデニムパンツを合わせアクティブに。腕と脚をすっきりと見せていますが、ハンサムな色合わせのおかげで大人らしさをキープすることができます。

シンプルなトップスとパンツの組み合わせなので、小物を使って装いをクラスアップ。サイドがイエローになったダークグリーンのハンドバッグは、ミニサイズでキャッチーさを捉えています。さらにアンクルストラップがゴールドチェーンになったモダンなメッシュサンダルを加えれば、小物が効く夏スタイルが完成です。

■2:リサ・エイケンは…大きな白に小さな赤がよく映えて

图片描述

ファッション通販サイト『Moda Operandi』のファッション&バイイングディレクターを務めるリサ・エイケン。NYファッションウィークにて、夏気分を盛り上げる爽やかな白ワンピースとカラーバッグのコンビネーションを楽しんでいました。

意外と色味の幅が広い白ですが、夏ならぱきっとシャープな白を選び、凛として涼しげな雰囲気を作りたいです。袖がふわりと広がった白のマキシワンピースに、白黒のスカーフを巻いて単調になるのを回避。足元には、リラックスムードが助長される黒のコンフォートサンダルをセレクト。

仕上げに、白を基調とした着こなしに真っ赤なクラッチバッグを添えてリズミカルな配色バランスを完成させていました。ペディキュアカラーもさりげなく赤でリンクしているのが粋!

■3:サラ・エレンは…黒を味方にカラーアイテムを自由にトッピング

图片描述

オーストラリアファッションウィーク2021のアフターパーティでキャッチされた、モデル、女優のサラ・エレン。小物以外にトップスにもカラーアイテムを迎えたプレイフルな着こなしを披露しました。

トップスはライトグリーン、バッグはイエロー、シューズは赤とカラーアイテムを盛り込んでいますが、ボトムスがシックな黒レザーパンツなのでポップになりすぎる心配がありません。また、トップスにはバッグと同じイエローが混ざっているので、喧嘩せずに寄り添わせることができます。調和を意識した着こなしですが、足元にあえて目を引く赤を持ってくることでモード感を醸すことに成功していました。


関連ブログ:リサイクルブランド高級腕時計、パック、服、財布、ジュエリー(宅配買取・店頭買取)。

コメント一覧

流行最新の組み合わせ URL 2021年08月12日(木)18時32分 編集・削除

ファッションニュースに関する情報と記事の一覧ページです。 ファッションやビューティ、海外セレブの最新情報をいち早くお届けします。